USED CAR

認定中古車と一般の違い

プジョー認定中古車と一般の中古車と違いを比較してみました。

認定中古車の基準はどこにあるのか

正規ディーラーが取り扱っている中古車が認定中古車になる

面白い結果がでました。
当然だと言えばそうなのですが、流通の過程をみてもらえると認定中古車の言葉の意味を問いたくなりますね。決してどちらが良い悪いと言っている訳ではない点だけは誤解しないでください。

《認定中古車》ディーラーが扱う=認定中古車
《一般中古車》車の程度は変わらないが、一般中古車として区別される

正規ディーラーと同様の保証内容は一般中古車では付けられないのか

一般中古車でも遜色の無い保証を付けることができる

よく言われる12ヶ月間保証、○km保証、24時間ロードサービス、全国トラブルサポートなど基本的な内容は各販売店に相談してみると案外いけるということが分かりました。
プジョーを専門としている中古車販売店でメンテナンスなどアフターサービスを提携正規ディーラーに委託している本格的なケースもあります。

値付けに疑問を感じる

価格の付け方が根本的に違う場合があると判断

上記の図1をみていただきたいのですが、一般中古車の場合は全国の相場(オークションなど)を基準に買い取りから販売までの金額を決定しているのに対して、認定中古車の場合は、顧客から買い取った車をそのまま店頭で販売する場合もあるよう。そうなった場合は、買い替えのための下取り時に色を付けて買い取ってしまった場合は相場と関係なくその買取金額を基準に値付けを行うため、相場感からずれてしまうことも考えられる。

pagetop